社員紹介Interview01

わくわくするのは、
人の役に立つ事を考える瞬間

2013年入社 Mさん

2013年入社 Mさん

ニッチな人々の役に立ちたい

2013年に入社したMさん。設計から現場管理まで施工に関する一連の流れを担っています。
学生の頃、プロダクトデザインを学んでいました。
卒業作品で障がい者向けの作品を作ったんです。
その時に何かに特化してニッチな人々の役に立ちたいと思ったんです。そこでリブテックを紹介してもらい、入社しました。

ニッチな人々の役に立ちたい

どう役立てるのかを考えて設計したい

業務内容は工事のダンドリや現場の管理。一施工あたり大体工期は2週間です。
始まるとあっという間に終わってしまいます。短い工期ですが、その分お客様のことはしっかり考えます。
図面を見て、設計する時にお客様に対してどう役立てるのかを考えているとわくわくしますね。
入社して3年経って、一通りの事は任せてもらえるようになりましたがまだまだわからない事はたくさんあります。
そういう時は社長が丁寧に教えてくれるので、少しずつお客様の立場にたって物事を考えられるようになってきていますね。

どう役立てるのかを考えて設計したい

お客様の喜びが、やりがいになる

一番最初から案件に携わっていると、完成した時の感動はその分大きいです。
中には完成した時に涙を流して喜んでもらえた事もあります。そういう時は、大変だったりした事も全て吹き飛ぶくらい嬉しいです。
私は音楽をやっていたわけではないので、お客様の方が音の聞こえ方などは詳しいのですが、施工後にお客様に音を鳴らしてもらって聴くことで、最近は音の違いもわかるようになってきました。
ピアノ室や管楽器の防音室の設計を任せてもらえているのですが、今後は新築の設計等も学んで、より多くの人の役に立ちたいと思っています。

お客様の喜びが、やりがいになる

このページのトップへ